タント LA600S タントカスタムRS SA 【PIVOT スロコン】

PIVOT 3drive・α 3DA-C【THRTTLE&AutoCruise】
ストットルコントローラーは今回新調しました。
このタイプはオートクルーズ機能が付いているモノになります。

P1280012.jpg

衝突軽減システム車の専用品になります。
P1280013.jpg

P1280015.jpgP1280016.jpgP1280014.jpg

専用ハーネスを使います。
P1280008.jpgP1280009.jpg

ブレーキに繋ぐハーネスです。オートクルーズが付いているので必要になります。
(直接配線も出来ます。その場合はこのハーネスは必要ありません。)
P1280010.jpgP1280011.jpg

専用ハーネスはアクセルの付近に取り付けます。
コネクタがちょっと取り難いです。

ブレーキハーネスはブレーキ付近に取り付けます。
こちらも結構、取り付けし難い場所にあります。

どちらのケーブルもアクセルとブレーキ周りなので、配線の処理に気を付けます。

専用ハーネスとブレーキハーネスを本体に取り付け。
本体のケーブルから車速センサ、バック信号に取り付ける配線があるので、
オーディオの配線から取り出します。

オーディオパネルは引っこ抜けば取り外せます。
シフトレバーを外す必要があります。

まずはシフトレバーを下げるためにこのボタンを押してシフトレバーを下まで(B)下げます。
IMG_4937.jpg

ここのネジを外します。
IMG_4936.jpg

シフトレバーが外れます。
IMG_4935.jpg

パネルを外します。
IMG_4933.jpg

車速センサ、バック信号線を繋いで配線は完了。
初期設定を終えて完了。

こんな感じで取り付けています。
IMG_4965.jpg

通常はEC5で使用しています。

この記事へのコメント