タント LA600S タントカスタムRS どんな車?3

この車は樹脂材料の外板が結構使われています。 まずはボンネット 確かに軽いですが、ヒンジ部がなんか柔いみたいです。 また、この樹脂ボンネットは変形をする場合があるようで、 LA650Sでは金属製になっているようです。 両フェンダー部 フェンダー部が樹脂へ変更しているため、バンパーの外し方が、 変更されています。外す場合は注意が必要です。 そして、リアドア 後が平面な理由が分かります。 リアドアの裏側部分 真ん中のパネルしか外れないようになっています。 これだけ、樹脂製を多用しているから結構軽くなっていると思いますよね。 でも L375S ノーマルのLグレードが 【 920Kg】 LA600S ノーマルのLグレード 【 920Kg】 ん~全く変わっていないんですね。 装備は増えてはいると思いますけどね。 LA650S ノーマルのLグレードは 【880㎏】 でした。さすがDNGAですね。 ちなみに LA600S カスタムRSは 【960Kg】 そして、 LA650S カスタムRSは 【920Kg】 でした。 40Kgの軽量化、何をしたんでしょうか? 【参考】 スズキのスペーシアカスタムのXSターボは【900㎏】 ホンダのNBOXカスタムのLターボは【930Kg】 日産のデイズルークスハイウェイスターGターボ【970Kg】

続きを読む