0W-20 11.5V以下 155/65R14 165/55R15 16インチ 17インチ AC デルコ AS-1 Best☆i C&K BICKD105M BluEarth‐GT BPSCH CCウォーターゴールド CCワックス ゴールド cinturato CN-RE05WD CVT CVTフルード D-CVT DAMPER ZZ-R DAMPER ZZ-R SpecDSC DNGA EC204 ECOS EDFC ek ekクロス eKスペース eKワゴン es31 GT G&Yu HID L357S L375 S L375D L375S L375S NA L600S LA600S LA650S Led LEDライト LEON M-42 M-55 MDV-S706W mita N-BOX n-box/ N-BOX スラッシュ N-BOXスラッシュ N-WGN NewSRスペシャル NS-2 PIAA RAV4 REGNO RS R RS☆R rv504 RV505 SSDナビ SUSTEC vrx VRX2 VS WINTER TRANPATH アイスガード アイスナビ アイドリングストップ アイドリングストップ車 アシンメトリコ アジアンタイヤ アドバン アルパイン イエローハット イクリプス インチアップ インチダウン インテリア イーグル ウィンターマックス ウィンドウウォッシャー ウインターマックス ウェイク ウェットグリップ エコス エコピア エコファイン エスピア エックスアイス エナジー エナジーセイバー エナセーブ エンジンルーム オイル オイル交換 オンダッシュ オーツタイヤ オートウェイ オートバックス オールシーズンタイヤ カオス カメラ カヤバ カロッツェリア カーメイト ガソリン添加剤 ガラコ ガリット キャッスル キャンバス クスコ クムホ グッドイヤー ケンウッド コンチネンタル ゴリラ サイズなし サイズ無し サイバーナビ サイバーナビX サステック サスペンション サス交換 シュピーゲル シリコン シンセラ ジャッキアップ ジャッキアップポイント ジークス スズキ スタッドレス スタッドレスタイヤ スタドレス ステッカー ストラーダ ストリートライド スペーシア スペーシアカスタム スペーシアギア スマアシⅢ セイバー セキュリティー ソフト99 タイヤ タナベ タント タント VS ekスペース タント VS ウェイク タント VS スペーシア タントL375S タントVSN-BOX タント  タントカスタム ターボ ダイハツ ダウンサス ダンロップ ダンロップタイヤ テイン デイズ デイズハイウェイスター トップエディション トランパス トーヨー ドライブシャフトブーツ ドライブレコーダー内蔵 ドライブレコーダー撮影中 ナノエナジー ナビ ナビゲ―ション ナビゲーション ナンカン ネクストリー ハイブリッド ハンコック バイパー バッテリー パイオニア パナソニック ピクシスメガ ピレリ ファルケン フィルター フジコーポレーション フューエルワン フレックスZ フレックスベイシスZ ブリザック ブリヂストン ブリッツ ブルーアース ブルーバッテリー ブレーキシュー ブレーキパッド プラクティバ プレイズ プレミアム ヘッドライト ホイール ホンダ ホンダセンシング ボッシュ ポテンザ マイルドハイブリッド マクシス マックスラン ミシュラン ミシュランタイヤ ムーヴキャンバス メンテナンス モビシス ユピテル ヨコハマ ヨコハマタイヤ ラベリング リコール リモコン ルマン レグノ レグノ レジェ―ラ レグノレジェ―ラ レジェ―ラ ワイパー ワイパーゴム ワイパーブレード ワックス ヴェクター 三菱 三菱自動車 中古 中古車 乗り換え?? 交換 仕様 低燃費 低燃費タイヤ 住友グループ 価格 便利機能 冬タイヤ 冬タイヤ 古川電池 夏タイヤ 安全装備 工具 廃墟 彩速ナビ 快適装備 拭き残し 新タイヤ 新型タント 新車 日産 日立 日立化成 替えゴム 楽ナビ 清掃 燃費 破格値 税金 空気圧 組み換え 給油口オープナー 維持費 自動減衰力設定 見積もり 諸元 足回り 車検 車検見積もり 車購入 車高調 転がり抵抗 軽自動車 遮音性 鉄チン 電圧 電圧系 電装系 非常信号灯 黒系ワックス L375S

タント LA650S 気になる点:燃費

新型タント LA650Sが出ました。 装備や諸元等を載せて来ました。 その中で気になった点をお話したいと思います。 今回は燃費、エンジンは型式の変更はありませんが、内容は結構進化したみたいです。 最近のダイハツは燃費競争はしないと言っていましたが、今回の新型タントはどうでしょうか? タント L375S 2WD(最終モデル)JC08モード燃費 25.0km/L         4WD(最終モデル)JC08モード燃費 24.0km/L  タント LA600S 2WD(最終モデル)JC08モード燃費 28.0km/L         4WD(最終モデル)JC08モード燃費 27.0km/L(L)25.8Km/L(X/G)     Xターボ 2WD(最終モデル)JC08モード燃費 26.0km/L         4WD(最終モデル)JC08モード燃費 24.6km/L タント LA650S 2WD JC08モード燃費 27.2km/L 4WD JC08モード燃費 25.4km/L     Xターボ 2WD JC08モード燃費 25.2km/L      4WD JC08モード燃費 23.8km/L LA600Sと比べると、LA650Sが少し燃費は悪くなっています。 以外ですね、なんで悪くなったのか?? まぁ、L375S、LA6…

続きを読む

タント LA650S 気になる点:車体重量

新型タント LA650Sが出ました。 装備や諸元等を載せて来ました。 その中で気になった点をお話したいと思います。 今回のDNGAの第一弾として出たタントLA650Sですが、装備の充実もしましたが、車体重量もかなり力をいれたようです。 まぁ、スズキのスペーシアに近づいたという感じですが。 数字を見てみましょう。 タント L375S L 2WD 920㎏ 4WD 960㎏         X 2WD 930㎏ 4WD 970㎏ タントLA600S L 2WD 920㎏ 4WD 970㎏         X 2WD 930㎏ 4WD 980㎏         Xターボ 2WD 940㎏ 990㎏ タントL650S L 2WD 880㎏ 4WD 930㎏         X 2WD 900㎏ 4WD 950㎏         Xターボ 910㎏ 4WD 960Kg L375SからLA600Sのモデルチェンジで両側がスライドドアになって重くなった分、バックドア等を樹脂化していました。 今回もバックドアは樹脂のままのようですが、その他は何で軽くしたのでしょうかね。 ちなみに装備の充実で数%は重さがプラスされているはずなので、30-40Kgプラスアルファ軽くなっているはずです。 プラットフォームの共通化や、DNGAに向けてかなりの箇所を改良しているようですね。 まぁ、軽くなることは燃費にもプラスになるので、良いことですが。 …

続きを読む

タント LA650S 諸元③

新型タントが出ました。 諸元面を見て行きましょう。 今回はエンジンも進化しましたが、CVTも新しい、D-CVT(デュアルモードCVT)に変わっています。 発進時はベルト駆動を行なって、40km/hを超えて高速域に入ると伝達効率の高いギヤ駆動が加わることで、 より高速側はギヤ比を高く、ロー側はベルトを使って低く、変速比幅を広げることができるという仕組み。 結果、燃費の向上とともに、低いエンジン回転数で走行できることによる静粛性、 さらには加速感の向上などが可能となったようです。 詳しくは下の動画を参考にしてください。 https://www.youtube.com/watch?v=DpJUAjoaPNg でも、一番最初のモデルなので、ちょっと、様子を見たいとも思いますよね。 CVTは簡単なモノが一番良いんですけどね。 ギヤを加えると耐久性が気になってしまいます。 まぁ、優秀であれば、どんどんこの技術が使われて行くことでしょう。 ダメなら・・・・・無くなってしまうでしょうね。

続きを読む

タント LA650S 諸元②

新型タントが出ました。 諸元面を見て行きましょう。 エンジンの型式は変わっていませんが、NAの内容は結構、進化しています。 旧型からの部品流用率は10%程度だそうです。 大きな変更点はマルチスパーク方式。 スパークプラグが1回の爆発あたり2発、火花を飛ばすと言うモノ。 どういう動きをするのかイマイチ不明ですけど、日本車の量産ガソリンエンジンでは初だそうです。 あとは、ガソリンを霧状化する「スワール噴霧」や高タンブルデュアルポート化で燃焼効率を飛躍的に高めて、 60km/h定常走行時で約12%、100km/h定常走行時で約19%の燃費向上したようです。 https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1188609.html https://response.jp/article/img/2019/06/18/323540/1428267.html?from=slide-next 馬力、トルクがLA600Sと変わっていないようですが、トルクが全体的に厚くなっているみたいです。 まぁ、軽自動車なので、そんなには変わってはいないと思いますけど・・・・・ L375Sに比べたら結構、変わっているかもね。。。。

続きを読む

タント LA650S 諸元①

新型タントが出ました。 諸元面を見て行きましょう。 基本的にエンジンの形式は変わっていませんが、内容は結構変わっているみたいです。 全長x全幅x全高:3395㎜x1475㎜x1755㎜ 室内長 長x幅x高:2180㎜x1350㎜x1370㎜(X、Xターボ)           2060㎜x1350㎜x1370㎜(Lグレード) ホイールベース:2460㎜ トレッド 前:1300㎜(2WD)、1295㎜(4WD、2WDスローパー)      後:1295㎜(2WD)、1265㎜(4WD) 最低地上高:150㎜(2WD)、165㎜(4WD、2WDスローパー) 車両重量:910Kg(Xターボ)、900Kg(X)、880Kg(Lグレード) 乗車定員:4 燃料消費率 JC08 25.2Km/L(Xターボ)、27.2Km/L(X,Lグレード)       WLLT 20.0Km/L(Xターボ)、21.2Km/L(X,Lグレード)       市街地モード 17.5Km/L(Xターボ)、21.2Km/L(X,Lグレード)       郊外モード  21.4Km/L(Xターボ)、22.8Km/L(X,Lグレード)       高速道路モード20.4Km/L(Xターボ)、21.6Km/L(X,Lグレード) 主要燃費向上対策  ・自動無段変速機:CVT  ・ロックアップ機構付トルコン  ・可変バルブタイミング  ・オルタネータ回生制御  ・ア…

続きを読む

タント LA650S 装備⑦

新型タントが出ました。 装備面を見て行きましょう。 タント L375S と比べるとかなり装備面は変わっています。 LA600Sからも進化している装備もありますしね 今回はパックオプションについて 新型タントにはパックオプションがA~Fまであります。 同時に付けられないオプション、装着不可なグレードもあるので、注意してください。 ・★A. コンフォータブルパック※4 ※5  [2WD車] 37,800円(消費税抜き35,000円)  [4WD車] 32,400円(消費税抜き30,000円)  ●360゚スーパーUV&IRカットガラス(フロントクォーター/フロントドア/リヤドア/リヤクォーター/バックドアウインドゥ)   ●格納式シートバックテーブル(運転席/助手席)&シートバックポケット(運転席)   ●運転席シートリフター   ●チルトステアリング   【2WD車のみ/4WD車は標準装備】  ●シートヒーター(運転席/助手席)   ●リヤヒーターダクト   ※4.「コンフォータブルパック」と「ラクスマグリップ(助手席シートバック)」同時装着時、格納式シートバックテーブル(助手席)     は装着されません。  ※5.「コンフォータブルパック」と「ラクスマグリップ(運転席シートバック)」同時装着時、格納式シートバックテーブル(運転席)    に置けるものが制限されます。 不要なモノもありそうですが、これを付けると、運転席シートリフター、…

続きを読む

もっと見る