0W-20 11.5V以下 155/65R14 165/55R15 16インチ 17インチ AC デルコ AS-1 Best☆i C&K BICKD105M BluEarth‐GT BPSCH CCウォーターゴールド CCワックス ゴールド cinturato CN-RE05WD CVT CVTフルード D-CVT DAMPER ZZ-R DAMPER ZZ-R SpecDSC DNGA EC204 ECOS EDFC ek ekクロス eKスペース eKワゴン es31 GT G&Yu HID L357S L375 S L375D L375S L375S NA L600S LA600S LA650S Led LEDライト LEON M-42 M-55 MDV-S706W mita N-BOX n-box/ N-BOX スラッシュ N-BOXスラッシュ N-WGN NewSRスペシャル NS-2 PIAA RAV4 REGNO RS R RS☆R rv504 RV505 SSDナビ SUSTEC vrx VRX2 VS WINTER TRANPATH アイスガード アイスナビ アイドリングストップ アイドリングストップ車 アシンメトリコ アジアンタイヤ アドバン アルパイン イエローハット イクリプス インチアップ インチダウン インテリア イーグル ウィンターマックス ウィンドウウォッシャー ウインターマックス ウェイク ウェットグリップ エコス エコピア エコファイン エスピア エックスアイス エナジー エナジーセイバー エナセーブ エンジンルーム オイル オイル交換 オンダッシュ オーツタイヤ オートウェイ オートバックス オールシーズンタイヤ カオス カメラ カヤバ カロッツェリア カーメイト ガソリン添加剤 ガラコ ガリット キャッスル キャンバス クスコ クムホ グッドイヤー ケンウッド コンチネンタル ゴリラ サイズなし サイズ無し サイバーナビ サイバーナビX サステック サスペンション サス交換 シュピーゲル シリコン シンセラ ジャッキアップ ジャッキアップポイント ジークス スズキ スタッドレス スタッドレスタイヤ スタドレス ステッカー ストラーダ ストリートライド スペーシア スペーシアカスタム スペーシアギア スマアシⅢ セイバー セキュリティー ソフト99 タイヤ タナベ タント タント VS ekスペース タント VS ウェイク タント VS スペーシア タントL375S タントVSN-BOX タント  タントカスタム ターボ ダイハツ ダウンサス ダンロップ ダンロップタイヤ テイン デイズ デイズハイウェイスター トップエディション トランパス トーヨー ドライブシャフトブーツ ドライブレコーダー内蔵 ドライブレコーダー撮影中 ナノエナジー ナビ ナビゲ―ション ナビゲーション ナンカン ネクストリー ハイブリッド ハンコック バイパー バッテリー パイオニア パナソニック ピクシスメガ ピレリ ファルケン フィルター フジコーポレーション フューエルワン フレックスZ フレックスベイシスZ ブリザック ブリヂストン ブリッツ ブルーアース ブルーバッテリー ブレーキシュー ブレーキパッド プラクティバ プレイズ プレミアム ヘッドライト ホイール ホンダ ホンダセンシング ボッシュ ポテンザ マイルドハイブリッド マクシス マックスラン ミシュラン ミシュランタイヤ ムーヴキャンバス メンテナンス モビシス ユピテル ヨコハマ ヨコハマタイヤ ラベリング リコール リモコン ルマン レグノ レグノ レジェ―ラ レグノレジェ―ラ レジェ―ラ ワイパー ワイパーゴム ワイパーブレード ワックス ヴェクター 三菱 三菱自動車 中古 中古車 乗り換え?? 交換 仕様 低燃費 低燃費タイヤ 住友グループ 価格 便利機能 冬タイヤ 冬タイヤ 古川電池 夏タイヤ 安全装備 工具 廃墟 彩速ナビ 快適装備 拭き残し 新タイヤ 新型タント 新車 日産 日立 日立化成 替えゴム 楽ナビ 清掃 燃費 破格値 税金 空気圧 組み換え 給油口オープナー 維持費 自動減衰力設定 見積もり 諸元 足回り 車検 車検見積もり 車購入 車高調 転がり抵抗 軽自動車 遮音性 鉄チン 電圧 電圧系 電装系 非常信号灯 黒系ワックス L375S

タント L375S ナビ MDV-S706Wの取り付け完了

ケンウッドのMDV-S706Wの取り付け完了しました。 ナビの取り付けで何に時間がかかるのかと言えば、フィルムアンテナ、GPSアンテナ、バックカメラの取り付けです。 そして、この配線の引き回しにかなり時間を取られます。 トヨタ純正のナビ、もうかれこれ10年以上使っています。 これで、最後ですかね。 全ての配線が終わりヘッドユニットを取り付けられる状態に。 そして、取り付けです。 真っ黒はなんか違和感があります。まぁ、慣れれば問題無いですね。 使い方等、まだ勉強中です。今までパイオニアだったので、少し様子も違います。 機能を覚えるのが大変そうです。 ちなみにオーディオの取り付けの参考になるアルパインのホームページです。 https://www.alpine.co.jp/support/fitting タント L375S(オーディオ付きの資料) 278_0712_a.pdf

続きを読む

タント L375S ナビゲーション ケンウッドMDV-S706W 開封

ケンウッドのMDV-S706Wです。 さぁ、何時付けようかな・・・・・ 明日、取り付けが出来るか、微妙です。 まぁ、そんなに難しくは無いと思いますけど、意外と時間はかかると思います。 ナビ本体とバックカメラを付けます。 接続ケーブル類も用意しています。

続きを読む

タント L375S  サスペンションの巻き 14

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 車高調を調べてみました。 今回はSpiegel(シュピーゲル)の車高調から https://www.spiegel.co.jp/part_maker/l375s/?s_pc=10 ・プロスペック・ワゴン(スタビライザー未搭載車用) ・プロスペック・ステージⅡ(スタビライザー未搭載車用) 2種類あります。私のタントL375SはLグレードなので、スタビライザー未登載車になります。 (もちろん、スタビライザー搭載車用もあります。) 製品スペック ・プロスペック・ワゴン(スタビライザー未搭載車用) 【適合車種】ダイハツ タント L375S スタビライザー未搭載車 【バネレート F/R】6k/3.4k 【減衰力 F/R】30段/24段調整式 【車高調整幅 F】0~-100mm 【車高調整幅 R】-40~-90mm 【ピロアッパー】フロント調整式ピロアッパーマウント付 この価格では不可能と言われた、単筒正立式ショックアブソーバーから4輪全長調整式車高調整機能、 そして、ピロアッパーマウントを惜しみなく採用! 更に減衰力調整幅も広く、最高グレードの仕上がりです! ハードな走り!ストリートでの快適性!交わることのない2本の線を、Spiegel…

続きを読む

タント L375S  サスペンションの巻き 13

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 車高調を調べてみました。 今回はLEONの車高調から ・低王 車高調 https://leon-car.jp/SHOP/DCSPND42-02.html 1種類ですが、なぜかフロントとリアが別売りのキットもあります。 また、注意書きに※イベント用の商品のため一般公道では走行できません。 とあります。ん~イベント用に買う人がいるのかな? 製品スペックは ・低王 車高調 F:SUPER ULTRA MAX車高調 R:ULTRA MAX車高調 ■減衰力:F30段/R24段 ■フロントのみ可動式ピロアッパー ■リアはスプリング加工し下げていく ■落ち幅:F/Rデータ無し ■バネレート:F12K/R8K ○車高を極度に落とす事に重点を置いて、設計をした車高調になります。 ○車両への装着確認はしていますが、細かいデータはありません。 ○ノーマル車高にはなりません。 ○イベント&競技用品としての販売となる為、一般公道は走行出来ません。 ○装着されているタイヤやホイールによっては、干渉が起こり、車両の加工が必要になります。 ○本製品を取り付けた事による車両側へのトラブル等は一切の責任を負えません。 ○ご購入時には、製品の特徴を十…

続きを読む

タント L375S  サスペンションの巻き 12

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 車高調を調べてみました。 今回はストリートライドの車高調から ・TYPE-K2 MODEL COMFORT ・TYPE-K2(複筒式モデル) 2種類あります。 製品スペックは ・TYPE-K2 MODEL COMFORT 基準車高:フロント‐65㎜、リア‐65㎜ 最大の下限~上限:フロント‐80~‐45㎜、リア-80~-55㎜ スプリングはレート:フロント3.9-5.0Kgf/mm、3.4Kgf/mm、 減衰力調整式:前15段、後15段(減衰力の有無選択化) 【複筒式 】  しなやかな減衰力特性  複筒式を採用。移動手段として日常使用されることを想定、街乗りでの乗り心地を最大限重視したセッティング。  複筒式(ツインチューブタイプ)は、単筒式に比べ、シリンダー・オイルシール部の抵抗(フリクションロス)が少なく、  またガス反力も小さい為、突き上げ感が少ないメリットがあります。  また構造上ストロークが確保しやすい為、ソフトなスプリングが使いやすく、  乗り心地が最も重要なストリートでの使い勝手に優れています。 【減衰力】  減衰力15段調整式と固定式のラインアップ ・減衰力15段調整式  街乗り、ワインディング走行時や…

続きを読む

タント L375S  サスペンションの巻き 11

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 車高調を調べてみました。 今回はクスコの車高調から https://www.cusco.co.jp/products/new_street_series.html#page02 ・クスコ ストリート ・クスコ ストリート・ゼロ ・クスコ ストリートA ・クスコ ストリート・ゼロA 4種類あります。 それぞれの特徴は ・クスコ ストリート  【車高調整範囲 】:フロント‐70~‐50㎜、リア-55~-30㎜  【スプリングレート】:フロント4.0Kgf/mm、リア2.4Kgf/mm  【減衰力調整】:フロントなし、リア14段   リヤ減衰力14段調整! リーズナブルなエントリーモデル   シンプルにローダウンを実現しながら   乗り心地と静粛性にこだわるユーザーも満足できるエントリーモデル   -->フロント減衰力固定、リヤに減衰力14段調整を標準装備   -->ネジ式(全長固定)車高調整   -->アッパーマウントレスキット ・クスコ ストリート・ゼロ  【車高調整範囲 】:フロント‐70~‐50㎜、リア-55~-30㎜  【スプリングレート】:フロント4.0Kgf/mm、リア2.4Kgf…

続きを読む

もっと見る