0W-20 11.5V以下 155/65R14 165/55R15 16インチ 17インチ AC デルコ AS-1 Best☆i C&K BICKD105M BluEarth‐GT BPSCH CCウォーターゴールド CCワックス ゴールド cinturato CN-RE05WD CVT CVTフルード D-CVT DAMPER ZZ-R DAMPER ZZ-R SpecDSC DNGA EC204 ECOS EDFC ek ekクロス eKスペース eKワゴン es31 GT G&Yu HID L357S L375 S L375D L375S L375S NA L600S LA600S LA650S Led LEDライト LEON M-42 M-55 MDV-S706W mita N-BOX n-box/ N-BOX スラッシュ N-BOXスラッシュ N-WGN NewSRスペシャル NS-2 PIAA RAV4 REGNO RS R RS☆R rv504 RV505 SSDナビ SUSTEC vrx VRX2 VS WINTER TRANPATH アイスガード アイスナビ アイドリングストップ アイドリングストップ車 アシンメトリコ アジアンタイヤ アドバン アルパイン イエローハット イクリプス インチアップ インチダウン インテリア イーグル ウィンターマックス ウィンドウウォッシャー ウインターマックス ウェイク ウェットグリップ エコス エコピア エコファイン エスピア エックスアイス エナジー エナジーセイバー エナセーブ エンジンルーム オイル オイル交換 オンダッシュ オーツタイヤ オートウェイ オートバックス オールシーズンタイヤ カオス カメラ カヤバ カロッツェリア カーメイト ガソリン添加剤 ガラコ ガリット キャッスル キャンバス クスコ クムホ グッドイヤー ケンウッド コンチネンタル ゴリラ サイズなし サイズ無し サイバーナビ サイバーナビX サステック サスペンション サス交換 シュピーゲル シリコン シンセラ ジャッキアップ ジャッキアップポイント ジークス スズキ スタッドレス スタッドレスタイヤ スタドレス ステッカー ストラーダ ストリートライド スペーシア スペーシアカスタム スペーシアギア スマアシⅢ セイバー セキュリティー ソフト99 タイヤ タナベ タント タント VS ekスペース タント VS ウェイク タント VS スペーシア タントL375S タントVSN-BOX タント  タントカスタム ターボ ダイハツ ダウンサス ダンロップ ダンロップタイヤ テイン デイズ デイズハイウェイスター トップエディション トランパス トーヨー ドライブシャフトブーツ ドライブレコーダー内蔵 ドライブレコーダー撮影中 ナノエナジー ナビ ナビゲ―ション ナビゲーション ナンカン ネクストリー ハイブリッド ハンコック バイパー バッテリー パイオニア パナソニック ピクシスメガ ピレリ ファルケン フィルター フジコーポレーション フューエルワン フレックスZ フレックスベイシスZ ブリザック ブリヂストン ブリッツ ブルーアース ブルーバッテリー ブレーキシュー ブレーキパッド プラクティバ プレイズ プレミアム ヘッドライト ホイール ホンダ ホンダセンシング ボッシュ ポテンザ マイルドハイブリッド マクシス マックスラン ミシュラン ミシュランタイヤ ムーヴキャンバス メンテナンス モビシス ユピテル ヨコハマ ヨコハマタイヤ ラベリング リコール リモコン ルマン レグノ レグノ レジェ―ラ レグノレジェ―ラ レジェ―ラ ワイパー ワイパーゴム ワイパーブレード ワックス ヴェクター 三菱 三菱自動車 中古 中古車 乗り換え?? 交換 仕様 低燃費 低燃費タイヤ 住友グループ 価格 便利機能 冬タイヤ 冬タイヤ 古川電池 夏タイヤ 安全装備 工具 廃墟 彩速ナビ 快適装備 拭き残し 新タイヤ 新型タント 新車 日産 日立 日立化成 替えゴム 楽ナビ 清掃 燃費 破格値 税金 空気圧 組み換え 給油口オープナー 維持費 自動減衰力設定 見積もり 諸元 足回り 車検 車検見積もり 車購入 車高調 転がり抵抗 軽自動車 遮音性 鉄チン 電圧 電圧系 電装系 非常信号灯 黒系ワックス L375S

タント L375S 新型タイヤ ダンロップ エナセーブRV505(ENASAVE RV505)Vol.3

2019年6月に発売された、ダンロップ エナセーブRV505。 https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/passenger/rv505/ 発売されたばかりなので、価格も結構高めな感じがしますが、どうなのでしょうか? RV504と比較して見て行きましょう。(価格.com最安値) RV504 155/65R14  ¥5832 165/55R15  ¥7980 RV505 155/65R14  ¥6575 165/55R15  ¥8700 1本700円ちょっと高い感じですね、4本で3000円弱。 これくらいであれば、新型でも、問題は無さそうですね。 まぁ、これはネット価格なので、お店に行くと、かなりの差が出るかもしれませんね。 型落ちは結構、安く見えるような売り方をしますから・・・・・ ちなみに新型タイヤを通販で買うと、結構新しい製造週の物が届くので、新型が出た場合は通販もチャンスです。 私も以外に出て直ぐに購入しているので、古いタイヤは来ません。 (まぁ古いモノがありませんから、当たり前ですね。) 通販も極端に古いモノに当たったことはありませんが、製造週が違うモノが来るのはあるあるです。 製造週が比較的新しい、製造週が同じモノが良いという人は街のタイヤ屋さんが良いかもしれませんね。 以外に融通を利かせてくれますよ。(以外に価格も安い場合もありますしね。)

続きを読む

タント L375S 新型タイヤ ダンロップ エナセーブRV505(ENASAVE RV505)Vol.2

2019年6月に発売された、ダンロップ エナセーブRV505。 https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/passenger/rv505/ 出たばかりのタイヤなので、あまりインプレッションの記事も無いみたいですが、ちょっと、ネットを徘徊してみましょう。 ◆【タイヤレビュー】ダンロップの新ミニバン専用タイヤ「エナセーブ RV505」、“ふんばり力”で直進安定性が段違いに向上 https://car.watch.impress.co.jp/docs/review/1180754.html ◆“ふんばる”ミニバン専用タイヤ「ダンロップ・エナセーブRV505」登場 https://www.webcg.net/articles/-/40795 ◆ダンロップの新しいミニバン専用タイヤ『エナセーブ RV505』をレポート…松田秀士 https://response.jp/article/2019/04/23/321697.html ◆【タイヤ試走】ダンロップ・エナセーブRV505「外乱にタフで安定した走りのミニバン専用タイヤ」 https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17267677 ダンロップではこんなキャンペーンも行っているようです。 https://tyre.dunlop.co.jp/rv505-cp/ ちなみに今までにタント L375Sにミニバン専用のタイヤは履かせたことが無いんですよ…

続きを読む

タント L375S 新型タイヤ ダンロップ エナセーブRV505(ENASAVE RV505)Vol.1

2019年6月に発売された、ダンロップ エナセーブRV505、ミニバン用と言う感じが強いですが、軽自動車のハイトワゴンにもよさそうなタイヤです。 https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/passenger/rv505/ 軽規格の155/65R14、165/55R15 のサイズも用意されています。 タント L375Sにも、もちろん履けます。 RV505には、4リブパターンと3リブパターンの2種類のパターンがあり、タイヤ幅が215以上は4リブ、205以下は3リブとなっています。 また、ラベリング性能もタイヤの偏平率、タイヤ幅によって、AA、bとAA、cがあります。 155/65R14、165/55R15 のサイズは3リブパターンとなり、残念ながらラベリング性能はAA、cとなっています。 https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/passenger/rv505/size.html 前モデルのRV504もミニバン専用に作られていますが、このRV505は更に進化しているようです。 RV504との比較 1.ミニバン特有のふらつきを抑制し、より安全な走行を実現  ■レーンチェンジ時のふらつき(ヨーレート)比較 RV505:81 RV504:100   -→耐ふらつき性能19%向上 2.耐偏摩耗性能の進化でトータルライフが向上し一段と長持ち  ■偏摩耗比較 RV505:153 RV…

続きを読む

タント L375S インチアップ 165/55R15   スタッドレスタイヤ ②ダンロップタイヤ

タント Lグレード L375Sの標準タイヤは155/65R14です。 スタッドレスもインチアップと言う人も居ますよね。。。。 そこで今回は165/55R15の各メーカーのスタッドレスを見て行きましょう。 第二弾目は、ダンロップタイヤ。 https://tyre.dunlop.co.jp/ タイヤを探すーー>サイズから検索 ーー>タイヤ幅:165 偏平率:55 リム径:15 スタッドレスを選択 ーー>検索する ・WINTER MAXX 02 ・WINTER MAXX 01 まぁ、この2種類が出てきますね。 WINTER MAXX 02は モチロンギュ!! 価格はどうでしょうか? 価格.COMを見てみましょう。最安値(送料込み(神奈川))で比較。1本価格と4本価格を表示しています。 (価格.COMの価格は日々変化しますので、参考までに。) ・WINTER MAXX 02 1本¥12675 4本¥50700 ・WINTER MAXX 01 1本¥8200 4本¥32800 まぁ、こんなもんですね。 出来れば02が欲しい所ですが、結構な差があります。。。。。

続きを読む

タント L375S 155/65R14 スタッドレスタイヤ ②ダンロップタイヤ

タント Lグレード L375Sの標準タイヤは155/65R14です。 冬になると、私の地域は豪雪地方ではありませんが、スタッドレスタイヤが必要になる場合もあります。 備えあれば・・・・・ でも、色んなメーカーから出ているので、何を買ったら・・・・となってしまいがち。 価格も気になります。 今回はスタッドレスタイヤについて、各メーカーのスタッドレスタイヤを見て行きたいと思います。 第二弾目は、ダンロップタイヤ。 https://tyre.dunlop.co.jp/ タイヤを探すーー>サイズから検索ーー>タイヤ幅:155 偏平率:65 リム径:14 スタッドレスを選択 ーー>検索する ・WINTER MAXX 02 ・WINTER MAXX 01 が出て来ました。 WINTER MAXX 02は モチロンギュとでかでかと書いてあります。 モチ:効きもち ロン:ロングライフ ギュ:氷にギュ(氷上性能) なんか、イマイチなキャッチフレーズです。もうちょっとどうにかならなかったのかな・・・・・ モチが気になりますね。以外にこの効きもちは雪国では無い地域にとっては買い替えサイクルにも関わってきますからね。 数値的には氷上ブレーキ性能12%UP、氷上コーナリング3%UP、ライフ性能 同等となっています。 WINTER MAXX 01との比較ですね。 ちなみに今、タント用に持っているスタッドレスタイヤはWINTER MAXX 01の…

続きを読む

タント L375S オールシーズンタイヤ ②ファルケンタイヤ

最近は毎年、冬場になると、首都圏では、雪に悩まされますね。 通常はスタッドレスなんて持っていないので、困ってしまうことがあります。 (私は冬場はスタッドレスに交換しています。) そこで、オールシーズンタイヤが注目されています。 豪雪地帯やアイスバーンでは役に立ちませんが、多少の雪やシャーベット状の雪であれば問題は無さそうです。 夏タイヤとしても、問題なく使えますし、スタッドレスとは違い雨天時の安定性もあるようです。 第2弾、ファルケンタイヤ。 国産タイヤでは、ファルケンしか、オールシーズンタイヤが無いようです。 そのうち出て来るかもしれませんが・・・・・ ファルケンタイヤでは、 EUROWINTER HS449 と言うタイヤがオールシーズンタイヤになります。 https://www.falken.co.jp/products/HS449/# サイズは155/65R14はありますが、165/55R15のサイズはありませんでした。 パフォーマンスイメージと言う表には下記のように記されています。 スノーグリップ ★★★★☆ ウエットグリップ ★★★★☆ ハイドロプレーニング ★★★★☆ ドライグリップ ★★★☆☆ 乗り心地 ★★★★☆ ライフ ★★★★☆ 路面状態についてはグッドイヤーと同じでした。 価格はどうでしょうか。 価格.COMを見て行きましょう。 EUROWINTER HS449  155/65R14 ¥6943…

続きを読む

もっと見る