タント LA600S タントカスタムRS SA 純正タイヤサイズ165/55R15① ヨコハタイヤ

タント LA600S カスタムRSの純正タイヤサイズは165/55R15です。 このサイズのタイヤは色々なメーカーにあります。国産に限らず、海外、アジアンタイヤからも選べます。 そんなタイヤについて、今回はヨコハマタイヤからご紹介します。 まずは、どんなタイヤがあるのかホームページを覗いてみましょう。 https://y-yokohama.com/product/tire/ 乗用車用タイヤ検索 --> タイヤサイズから探す  --> タイヤ幅:165 扁平率:55 リム径:15 --> 検索する と順番に選択・入力すると該当するタイヤが出て来ます。 ADVAN dB V552 コンフォート 低燃費 ADVAN FLEVA V701  スポーツ 低燃費 ADVAN NEOVA AD08R スポーツ BluEarth-GT AE51 低燃費 BluEarth AE-01  低燃費 BluEarth RV-02CK 低燃費 ECOS S31 低燃費 純正タイヤはエコタイヤ多分、エコピアのEP150あたりが新車時には付いて来ますが、 スポーツ系も結構、選べます。 が、ターボとは言え、そんなにグリップはいらないような気もしますね。 やはり、低燃費タイヤを選んでしまいますです。 ADVAN dB V552位はADVANの名前が付いていますが、低燃費タイヤなので良いかもしれません。 ちなみ、私のタントカスタムは購入時にECOSが付いて来ていまし…

続きを読む

タント LA600S タントカスタムRS SA 鉄チン+ネクストリー

購入した14インチ鉄チンにネクストリー155/65R14を組み込んで行きます。 もちろん手組です。 今回使用する工具 組み込むだけなので、これでけOKです。 14インチなので、簡単です。 片側は押し込んで、もう一方はタイヤレバーで入れて行きます。 ビートクリームを忘れずに塗り込みます。 ブリヂストンは堅いと言われていたことを聞いたことがありますが、レジェーラもネクストリーも問題無く収まります。 サイズが155/65R14だからなのかな? でも、以前組んだナンカンのNS-2はかなり堅かった記憶があるのですが・・・・・ 確か一番最初に組んだのが、NS-2だったような・・・・ それでとっても苦労したような・・・最初がそんなタイヤだったから今があるのかもね。 空気を入れて、パン!パン!で完了。 ちなみに新品時の溝計測 6㎜ですね。 ちなみにセンター部は こんな感じで、スリップサインの凸も無かったです。 この数字なので、スリップが出るころにはセンターはつながる感じですね。 これに、トリムリングを付けます。 で、センターキャップを付けて装着。 センターキャップだけでも、行けてる?? これで完了。 微妙に出ているような・・・・ (まぁ、数字上でも2.5㎜出てますから・・・・) 15インチ 165/55R15+純正ホイール 14インチ 155/6…

続きを読む

タント LA600S タントカスタムRS SA 14インチタイヤ購入

鉄チンホイールを購入しましたが、タイヤを購入しなければ、始まりません。 そこで、何のタイヤを買うかを考えます。 まぁ、安いタイヤを探す訳ではありますが・・・・ アジアンタイヤでも良いですが、 ブリヂストンのネクストリーが最近安いので、 買ってみようかと。 以外にアマゾンでも安く売っているので、 調べたら4本セットで¥12,687で売ってました。 ポチっとしてしまいました。 結構早く到着もして、これがそのタイヤです。 段ボール? 入ってました。でも段ボールで送られて来るとは。 ちなみに2本は日本製で日本は台湾製でした。 日本製 製造週は 1421 でかなり新しいタイヤです。 台湾製 製造週は 0921こちらも新しめ。 以外にアマゾンは新しいタイヤを用意しているみたいです。 それとも結構売れているのかな?? 違いはそれ程ありませんが、台湾製の方がBRIDGESTONEやNEXTRYの刻印が浅いような気はしました。 後はトレッド面のラインが違います。 日本製は真ん中に薄い赤ラインのみ 台湾製は赤と緑が濃い目に引いてありました。 両方とも直ぐ消えてしまいましたが。 さて、このタイヤを組んで行きます。

続きを読む