タント L375S タイヤで燃費は変わる?

タイヤで燃費は変わる。

何処かのタイヤメーカーの宣伝文句にもなっていました。
でも、実際燃費は変わるのでしょうか?
まぁ、そうは言ってメーカーでも1-3%の変化と言っていますので、
劇的な変化は見込まれないのかもしれませんね。
そこで、私の経験上の数値をご紹介します。
ある程度走行条件が同じ時期のタイヤでの数値になります。

ブリヂストン ECOPIA EP150  16.5Km/L
ダンロップ  スタッドレスDSX 17.1Km/L
ヨコハマ   スタッドレスIG30 16.9Km/L
ダンロップ  エナセーブプレミアム   17.6Km/L
ナンカン   NS-2        15.8Km/L
ナンカン   NS-2(2セット目)  14.7Km/L

こんな感じです、何を基準にすれば良いのかが問題ですね、
標準装備のタイヤがすでにエコタイヤですからね。
そうは言っても標準装着のブリヂストン ECOPIA EP150と比較したいので、
このタイヤを100%とすると
ブリヂストン ECOPIA EP150  100%
ダンロップ  スタッドレスDSX 103.64%
ヨコハマ   スタッドレスIG30 102.42% (タイヤサイズ145/80R13)
ダンロップ  エナセーブプレミアム   106.67%
ナンカン   NS-2        95.76%
ナンカン   NS-2(2セット目)   89.09%

以外にスタッドレスタイヤが燃費良いのは意外ですね。
エコタイヤではないですからね。
燃費の悪いナンカンのタイヤもエコタイヤではないので、
この程度なのでしょうか。
確かタイヤで燃費は変わりますね。
でも。コストパフォーマンスは・・・・・

その辺のタイヤのコストや寿命(距離)について別な機会に紹介します。

それぞれのタイヤのパターンはこんな感じです。
ブリヂストン ECOPIA EP150
EP150.jpg


ダンロップ  スタッドレスDSX
DSCN0993.jpg
かなりすり減っていますが・・・・・


ヨコハマ   スタッドレスIG30
DSCN0983.jpg
シールでちょっとみえにくいですが・・・・・

ダンロップ  エナセーブプレミアム 
エナセーブプレミアム.jpg

ナンカン   NS-2DSCN1252.jpg
走りそうな、パターンですが・・・・

"タント L375S タイヤで燃費は変わる?" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: