【タント(L375S)】ETC取り付け

何時もディーラーで付けてもらっていましたが、今回は自分で取り付け。 それも、納車前に自分で取り付けました。 自分で付けると自由配置が出来るので◎です。 何時も、使いやすいように右端に付けてもらう事が多いのですが、実際はETCカードの抜き差しは、やり易いけど、グローブボックスとしては使いづらい(横幅がなくなってしまう)ので、今回はこんな方向に取り付けてみました。 アンテナ部はこんな感じです。 セットアップはもちろんディーラーで行ってもらいました。

続きを読む

タント L375S LONZA ペダル

随分前に購入したペダルです。 リングの色がマチマチですが、金属やらプラスチック製やら混じってます。 そんなに沢山試した訳ではありませんが、結局、コレになってしまいます。 今も売られていますから、使い勝手は良いのでしょうね。 私も長年使用している訳ですから・・・・・壊れることも無いですし、金属のリングは買い足してします。 プラスチックのリングは全部の穴が埋まるほど付いて来なかったと思いますし、知らないうちに抜けてなくなる こともありました。金属製のモノは打ち込む感じなので、抜けることは無いです。 使い心地は、靴にもフィットしますし、雨などの時も滑り難いです。 ちなみに、大きさが合わなかったため、アクセルペダルの方は、一穴分、下部を切断して使用しています。

続きを読む

タント L375S バッテリーのサイズ【エコアイドル付き車】

タントの標準バッテリーはM-42と言うちょっと聞きなれない型番です。 通常で44B20Lなどという型番が通常です。 これは、アイドリングストップ専用と言うことで、少し違う型番のようです。 タントに標準で積まれているモノは、パナソニックのサークラ Kei M-42と同じのようです。 以前はこの型番でブルーバッテリーCAOSシリーズだった気がするのですが、新しく、M-55が出たので、こちらをブルーバッテリーCAOS M-55にしたようです。 これは、M-55に交換する前、と交換後の画像です。(交換前は、2個目のM-42です。) これはパッケージになります。 CAOSバッテリーにするとオーディオの音が良くなる、電装品を沢山使っても大丈夫なんて言いますが、私は実感したことはありません。そんなに敏感ではないからでしょうね。でも、ブルーのバッテリーは好きなので使っています。 そういえば、この時バッテリーを交換した理由は、アイドリングストップを使用すると、電圧が下がりすぎる現象が発生したため。 でも、M-55にしても変化はあまりありませんでした。あと付けした時計に電圧計が付いていて、電圧が11.5V以下位になると、警告音が鳴るので気が付いたのです。でも、実際その時計を付けたのが随分前だったので、バッテリーを疑ったんですが・・・・違うようでした。 このタントは初期のアイドリングストップなので、充電制御があまり良くないみたいです。アイドリングストップをオフにすれば、問…

続きを読む