タント L375S  サスペンションの巻き 05

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 今回からは、車高調を調べてみました。 まずはテインから テインではL375S用は2種類あります。 https://www.tein.co.jp/srch/pricelist_fromtekigo.php?maker=DAIHATSU&carmodel=TANTO&chassis=L375S&skg=D48&gno=1&genuine=0 ・STREET BASIS Z ・FLEX Z 今回はFLEX Zについて。 L375S用 FLEX Z VSD48-C1AS3 フロントマウントは付属です。 基準車高は純正よりフロント-55㎜、リア―45㎜となり、 最大の下限~上限はフロント‐94~‐29㎜、リア-69~-33㎜、 推奨の下限~上限はフロント-65~-45㎜、リア-55~-35㎜tなっています。 スプリングはレート フロント49.0N/mm(5.0Kgf/mm)、リア26.5N/mm(2.7Kgf/mm)、 自由長はフロント175mm、リア264㎜、内径フロントΦ70㎜となっています。 スペックは シールド構造  シールド構造とは:シェルパイプの上部を絞ったのち、オイル、ガスを封入し、かしめて密封します。  …

続きを読む

タント L375S  サスペンションの巻き 04

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 今回からは、車高調を調べてみました。 まずはテインから テインではL375S用は2種類あります。 https://www.tein.co.jp/srch/pricelist_fromtekigo.php?maker=DAIHATSU&carmodel=TANTO&chassis=L375S&skg=D48&gno=1&genuine=0 ・STREET BASIS Z ・FLEX Z 今回はSTREET BASIS Zについて。 L375S用 STREET BASIS Z GSD48-81AS2 フロントマウントは付属していないので、純正を使用です。 基準車高は純正よりフロント-40㎜、リア―25㎜となり、 最大の下限~上限はフロント‐70~‐30㎜、リア-47~-14㎜、 推奨の下限~上限はフロント-50~-30㎜、リア-35~-15㎜tなっています。 スプリングはレート フロント29.4N/mm(3.0Kgf/mm)、リア25.5N/mm(2.6Kgf/mm)、 自由長はフロント225mm、リア281㎜、内径フロントΦ70㎜となっています。 スペックは シールド構造  新たな生産方式による「シールド構造」を採…

続きを読む

タント L375S  サスペンションの巻き 03

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 まずは、ダウンサスを調べてみました。 今回はRS/R 種類が5種類あります。が2種類は最低地上高が確保されないため、車検非対応だそうです。(自己責任で付けてねと言うことですね。) Ti2000 HALF DOWN(D105THD) ダウン量はフロント-20~-25㎜、リア-10~ー15mm 高すぎず、低くなりすぎないダウン量を徹底的に追求 <ヘタリ永久保証>  Ti2000 DOWN(D106TD) ダウン量はフロント-40~-45㎜、リア-30~ー35mm 保安基準を満たすレベルでの大幅なローダウンと30~50%のバネレートアップにより走行性能を向上させる、RS☆Rの主力製品 ミニバン・ワゴンのフォルムを最大限に生かすローダウン量を設定 <ヘタリ永久保証>  RS★R DOWN(D106D) ダウン量はフロント-40~-45㎜、リア-30~ー35mm 保安基準を満たすレベルでの大幅なローダウンと30~50%のバネレートアップにより走行性能を向上させる、RS☆Rの主力製品 ミニバン・ワゴンのフォルムを最大限に生かすローダウン量を設定 <3年5万kmヘタリ保証>…

続きを読む