タント L375S  サスペンションの巻き 08

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 今回からは、車高調を調べてみました。 今回はRS☆R タントL375SのNA用は ・Best☆i C&K BICKD105M フロントマウントは付属されているようです。 基準車高は純正よりフロント-55~-50㎜、リア―60~-55㎜となり、 最大の下限~上限はフロント‐100~‐20㎜、リア-90~-45㎜、 推奨の下限~上限はフロント-75~-30㎜、リア-90~-45㎜tなっています。 スプリングはレート フロント4.0Kgf/mm、2.3Kgf/mm、 減衰力調整式 前36段、後24段 特徴は ・減衰力調整   減衰力は伸縮同時36段調整を採用(一部車種除く) 。細かい調整幅を持たせることで狙い通りの減衰特性が設定可能となっています。   使用シチュエーションに合わせて自分好みの設定に変更が可能です。 ・単筒式   特殊な形状にすることで高速ストローク時にありがちな不快な突き上げ感を出来るだけ緩和させています。   本体は、内径φ40(※)スチールボディを採用しています。オイル容量を十分に確保し放熱性に優れた単筒式ショックアブソーバーと   なっています。(※ストラット式はφ46) ・全長調整式  …

続きを読む

タント L375S  サスペンションの巻き 07

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 車高調を調べてみました。 今回はタナベの車高調から https://www.rd-tanabe.com/tanabe/ ・SUSTEC PRO CR CRL375SK 最大の下限~上限はフロント‐69~‐20㎜、リア-63~-29㎜、 推奨の下限~上限はフロント-49~-49㎜、リア-39~-39㎜tなっています。 スプリングはレート フロント3.0Kgf/mm、リア3.0Kgf/mmです。 主な機能 Pont1 不快なゴツゴツ感を大幅に軽減するノンプリロードバルブ CRが搭載するダンパーピストンのリーフバルブは、バルブシート同士を密着させるためのプリロード(予圧)  を必要としないノンプリロードバルブ。予圧が必要な従来のリーフバルブに比べ、微低速領域のわずかな荷重変動にも敏感に反応し、  いち早く減衰力を発生させます。CRはこの先進のバルブシステムによって、車高調特有の“街乗りでの不快なゴツゴツ感”を大幅に軽減  させています。 Pont2 自然で安心感のあるロール感バレルフォルム (タル型)スプリング ストラットタイプのスプリングの形状は、巻き径に変化をつけることで低速での追従性と高速での粘りを共存させ…

続きを読む

タント L375S  サスペンションの巻き 06

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 今回からは、車高調を調べてみました。 まずはテインから テインではL375S用は2種類あります。 https://www.tein.co.jp/srch/pricelist_fromtekigo.php?maker=DAIHATSU&carmodel=TANTO&chassis=L375S&skg=D48&gno=1&genuine=0 ・STREET BASIS Z ・FLEX Z 今回はFLEX Zに取り付け可能な、EDFCについてです。 EDFCとはエレクトロニック・ダンピング・フォース・コントローラー ショックアブソーバーに取り付けられたモーターを車室内からコントールすることにより、運転席に座ったまま減衰力調整を可能とした電動減衰力コントローラーです。 種類は3種類あります。 ・EDFC ACTIVE PRO EDK04-Q0349 ・EDFC ACTIVE EDK04-P8021 ・EDFCⅡ EDK04-P9669 EDFC ACTIVE PROは結構、高機能です。 4輪の減衰力を独立して制御出来ようです。多分、自動制御時だとはおもいますけどね。 左右を違う設定にあえてすることは無いと思いますけど。 基本セットは…

続きを読む