タント L375S  サスペンションの巻き 11

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 車高調を調べてみました。 今回はクスコの車高調から https://www.cusco.co.jp/products/new_street_series.html#page02 ・クスコ ストリート ・クスコ ストリート・ゼロ ・クスコ ストリートA ・クスコ ストリート・ゼロA 4種類あります。 それぞれの特徴は ・クスコ ストリート  【車高調整範囲 】:フロント‐70~‐50㎜、リア-55~-30㎜  【スプリングレート】:フロント4.0Kgf/mm、リア2.4Kgf/mm  【減衰力調整】:フロントなし、リア14段   リヤ減衰力14段調整! リーズナブルなエントリーモデル   シンプルにローダウンを実現しながら   乗り心地と静粛性にこだわるユーザーも満足できるエントリーモデル   -->フロント減衰力固定、リヤに減衰力14段調整を標準装備   -->ネジ式(全長固定)車高調整   -->アッパーマウントレスキット ・クスコ ストリート・ゼロ  【車高調整範囲 】:フロント‐70~‐50㎜、リア-55~-30㎜  【スプリングレート】:フロント4.0Kgf/mm、リア2.4Kgf…

続きを読む

タント L375S  サスペンションの巻き 10

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 車高調を調べてみました。 今回はブリッツの車高調から http://www.blitz.co.jp/partsnavi/search/search1/ ・DAMPER ZZ-R 92326 ・DAMPER ZZ-R SpecDSC 93326 2種類ありました。 まずはDAMPER ZZ-R SpecDSCから 車高調整範囲 :フロント‐90~‐0㎜、リア-55~-18㎜ スプリングレート:フロント6.0Kgf/mm、リア3.4Kgf/mm スプリング長:フロント150㎜、リア230㎜ 特徴 ・全長調整式、単筒式、電子制御による最大96段階減衰力調整を採用した車種別専用ダンパーキット。  リーズナブルながらアルミ製パーツなどを多数採用し、軽量化と高強度を実現。 ・車内のコントローラーから減衰力を自在に変更可能(96/64/32段階より選択可能)。  ステッピングモーターを使用し、最大96段階のより細かいセットアップと乗り心地を実現。 ・左右同時制御に加え4輪独立制御の2つの制御方法を選択可能。さらに、好みに応じて5つのモードへ設定を記憶できます。 ・取り付け場所を選ばないコンパクトでスタイリッシュなコントローラーを採…

続きを読む

タント L375S  サスペンションの巻き 09

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 車高調を調べてみました。 今回はブリッツの車高調から http://www.blitz.co.jp/partsnavi/search/search1/ ・DAMPER ZZ-R 92326 ・DAMPER ZZ-R DSC 93326 2種類ありました。 まずはDAMPER ZZ-Rから 車高調整範囲 :フロント‐90~‐0㎜、リア-55~-18㎜ スプリングレート:フロント6.0Kgf/mm、リア3.4Kgf/mm スプリング長:フロント150㎜、リア230㎜ 減衰力調整:フロント32段、リア32段 特徴 ・単筒式(モノチューブ)構造採用の、全長調整式サスペンションキット。 ・全長調整式ながら、¥147,000〜とリーズナブルな価格を実現。 ・32段減衰力調整機構を採用し、幅広い減衰力調整が可能。ストリートからサーキットまで、あらゆる走行シーンに対応します。 ・アルミ製のアッパーマウント、ロックシート、ブラケット(一部)を採用。高い強度と軽量化を両立します。 ・単筒式ならではのφ44大径ピストンを採用し、減衰力の立ち遅れを抑制。  しなやかな走り心地と確かな追従性を実現します。(一部車種除く) ・カートリッジ先…

続きを読む