タント L375S  サスペンションの巻き 14

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 車高調を調べてみました。 今回はSpiegel(シュピーゲル)の車高調から https://www.spiegel.co.jp/part_maker/l375s/?s_pc=10 ・プロスペック・ワゴン(スタビライザー未搭載車用) ・プロスペック・ステージⅡ(スタビライザー未搭載車用) 2種類あります。私のタントL375SはLグレードなので、スタビライザー未登載車になります。 (もちろん、スタビライザー搭載車用もあります。) 製品スペック ・プロスペック・ワゴン(スタビライザー未搭載車用) 【適合車種】ダイハツ タント L375S スタビライザー未搭載車 【バネレート F/R】6k/3.4k 【減衰力 F/R】30段/24段調整式 【車高調整幅 F】0~-100mm 【車高調整幅 R】-40~-90mm 【ピロアッパー】フロント調整式ピロアッパーマウント付 この価格では不可能と言われた、単筒正立式ショックアブソーバーから4輪全長調整式車高調整機能、 そして、ピロアッパーマウントを惜しみなく採用! 更に減衰力調整幅も広く、最高グレードの仕上がりです! ハードな走り!ストリートでの快適性!交わることのない2本の線を、Spiegel…

続きを読む

タント L375S  サスペンションの巻き 13

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 車高調を調べてみました。 今回はLEONの車高調から ・低王 車高調 https://leon-car.jp/SHOP/DCSPND42-02.html 1種類ですが、なぜかフロントとリアが別売りのキットもあります。 また、注意書きに※イベント用の商品のため一般公道では走行できません。 とあります。ん~イベント用に買う人がいるのかな? 製品スペックは ・低王 車高調 F:SUPER ULTRA MAX車高調 R:ULTRA MAX車高調 ■減衰力:F30段/R24段 ■フロントのみ可動式ピロアッパー ■リアはスプリング加工し下げていく ■落ち幅:F/Rデータ無し ■バネレート:F12K/R8K ○車高を極度に落とす事に重点を置いて、設計をした車高調になります。 ○車両への装着確認はしていますが、細かいデータはありません。 ○ノーマル車高にはなりません。 ○イベント&競技用品としての販売となる為、一般公道は走行出来ません。 ○装着されているタイヤやホイールによっては、干渉が起こり、車両の加工が必要になります。 ○本製品を取り付けた事による車両側へのトラブル等は一切の責任を負えません。 ○ご購入時には、製品の特徴を十…

続きを読む

タント L375S  サスペンションの巻き 12

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。 (経年変化でやれてきたので、交換しています。) タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。 車高調を調べてみました。 今回はストリートライドの車高調から ・TYPE-K2 MODEL COMFORT ・TYPE-K2(複筒式モデル) 2種類あります。 製品スペックは ・TYPE-K2 MODEL COMFORT 基準車高:フロント‐65㎜、リア‐65㎜ 最大の下限~上限:フロント‐80~‐45㎜、リア-80~-55㎜ スプリングはレート:フロント3.9-5.0Kgf/mm、3.4Kgf/mm、 減衰力調整式:前15段、後15段(減衰力の有無選択化) 【複筒式 】  しなやかな減衰力特性  複筒式を採用。移動手段として日常使用されることを想定、街乗りでの乗り心地を最大限重視したセッティング。  複筒式(ツインチューブタイプ)は、単筒式に比べ、シリンダー・オイルシール部の抵抗(フリクションロス)が少なく、  またガス反力も小さい為、突き上げ感が少ないメリットがあります。  また構造上ストロークが確保しやすい為、ソフトなスプリングが使いやすく、  乗り心地が最も重要なストリートでの使い勝手に優れています。 【減衰力】  減衰力15段調整式と固定式のラインアップ ・減衰力15段調整式  街乗り、ワインディング走行時や…

続きを読む