タント LA650S 気になる点:車体重量

新型タント LA650Sが出ました。

装備や諸元等を載せて来ました。

その中で気になった点をお話したいと思います。

今回のDNGAの第一弾として出たタントLA650Sですが、装備の充実もしましたが、車体重量もかなり力をいれたようです。

まぁ、スズキのスペーシアに近づいたという感じですが。

数字を見てみましょう。

タント L375S L 2WD 920㎏ 4WD 960㎏
        X 2WD 930㎏ 4WD 970㎏

タントLA600S L 2WD 920㎏ 4WD 970㎏
        X 2WD 930㎏ 4WD 980㎏
        Xターボ 2WD 940㎏ 990㎏

タントL650S L 2WD 880㎏ 4WD 930㎏
        X 2WD 900㎏ 4WD 950㎏
        Xターボ 910㎏ 4WD 960Kg

L375SからLA600Sのモデルチェンジで両側がスライドドアになって重くなった分、バックドア等を樹脂化していました。
今回もバックドアは樹脂のままのようですが、その他は何で軽くしたのでしょうかね。

ちなみに装備の充実で数%は重さがプラスされているはずなので、30-40Kgプラスアルファ軽くなっているはずです。
プラットフォームの共通化や、DNGAに向けてかなりの箇所を改良しているようですね。

まぁ、軽くなることは燃費にもプラスになるので、良いことですが。
今後、DNGAで出て来る軽自動車が面白そうです。

この記事へのコメント