タント L375S  サスペンションの巻き 07

タントL375SのサスペンションはカヤバのSRスペシャルに換えています。
(経年変化でやれてきたので、交換しています。)

タント L375Sの標準グレードのサスペンションはあるのかなと、探してみました。

車高調を調べてみました。

今回はタナベの車高調から
https://www.rd-tanabe.com/tanabe/

SUSTEC PRO CR CRL375SK

最大の下限~上限はフロント‐69~‐20㎜、リア-63~-29㎜、
推奨の下限~上限はフロント-49~-49㎜、リア-39~-39㎜tなっています。

スプリングはレート フロント3.0Kgf/mm、リア3.0Kgf/mmです。


主な機能

Pont1 不快なゴツゴツ感を大幅に軽減するノンプリロードバルブ
CRが搭載するダンパーピストンのリーフバルブは、バルブシート同士を密着させるためのプリロード(予圧)
 を必要としないノンプリロードバルブ。予圧が必要な従来のリーフバルブに比べ、微低速領域のわずかな荷重変動にも敏感に反応し、
 いち早く減衰力を発生させます。CRはこの先進のバルブシステムによって、車高調特有の“街乗りでの不快なゴツゴツ感”を大幅に軽減
 させています。

Pont2 自然で安心感のあるロール感バレルフォルム (タル型)スプリング
ストラットタイプのスプリングの形状は、巻き径に変化をつけることで低速での追従性と高速での粘りを共存させたバレルフォルム
 (タル型)スプリング。街乗りでのソフトな乗り味と、高速道路でのスタビリティの高いライド感を両立させています。

Pont3 走行中の異音を防止するダブルシートリング
ハンドル操作時の異音(ストラット式特有のスプリングのひっかかり音)対策も完璧。異音を抑えるシートリングは干渉音を抑える
 樹脂製と動きを平滑にするステンレスシートの二重構造です。

Pont4 耐食や防錆対策も万全、特殊メッキ&A6061アルミ材
塗装が施せないネジ部は、錆の発生を抑える特殊メッキでガード。ロアシートやロックシートには耐食性に長けたアルミ材
 (A6061)を採用。融雪剤を多用する地域でも安心して装着いただけます。

Pont5 重量級車種にも余裕の強度を持たせた、車種別専用設計
ダウン量やスプリングのレートの設定及びダンパーの減衰力、さらにケースやロッドの寸法、ブラケットの取り付け位置や強度まで、
 CRはそのすべてを装着車両に合わせて設計する車種別専用設計。スムーズな装着作業とベストなサスペンションパフォーマンス、
 そして確かな品質をお約束します。

Pont6  ロングライフな高性能を約束 10万キロ100万回耐久テスト
オイル漏れやガス抜けをまねくシール部とロッド部の公差基準は「1/100mm」を厳守して製造。オイルシールの耐久テストは
 100万回ストローク、走行距離にして10万kmがクリア条件です。

Pont7 全車種、不満のない乗り心地を確約 実走テイスティング
サステックプロCRの実走テストは様々な路面状況を再現した専用のテストコースで実施されます。
 乗り心地検証は実際にローダウンセッティングして、フル乗車でのライド感もしっかりチェック。
 満足いただける性能を確認できたものだけをお届けします。


<保証制度>
使用期間1年間・走行距離10,000kmの保証
購入日より1年(または走行距離10,000km未満)の保証制度(※)を完備。アフターフォローも万全で安心して装着できます。
(※)通常使用における製品の不具合を、当社規定に基づき無償修理する制度。なお、取り外しに関する作業工賃や発送に関する送料、
    代車手配等に発生する費用は一切受け付けておりませんのでご了承ください。

保証が期間も距離も短めですね。

価格は

SUSTEC PRO CR CRL375SK 定価¥79,800(¥86,184) アマゾン価格¥63,509

結構安めですね。
アッパーマウントは純正対応となっているので、用意する必要があるみたい
HPの情報が少なめですね。


この記事へのコメント