タント L375S ブレーキ関連

10万Km走行時にブレーキローターとブレーキパッドを交換しています。
ちなみにブレーキパッドは3回目の交換です。
ブレ―キディスクはディクセルのPD-Type 381 8017。
IMG_0263.jpg
IMG_0262.jpg
IMG_0264.jpg

ブレーキパッドはこちらExtraSpeed 341 200、三菱の車と共通品みたいです。間違ってはいませんよ、普通に走ってますから。IMG_0276.jpgIMG_0270.jpgIMG_0267.jpg

ダイハツ車は、ブレーキキャリパーをよければ簡単に外せます。
なので、古いブレーキローターを外して、
IMG_0306.jpg

新しいブレーキローターを付けるだけ。(ブレーキローターは脱脂位はしたと思います。)
IMG_0300.jpg

後はブレーキパッドの交換です。ブレ―キパッドを交換する前に、ブレーキフルードの量の確認をしつつ、シリンダーを押し戻しておきましょう。シリンダーを押し戻すと、ブレーキフルードタンクに入っている液があふれる場合もあるので、注意です。
また、シリンダーを押し戻しておかないと、新しいパッドは厚さが増して(新品なので、交換する前とは厚さが違うでしょ。)いるので、キャリパーを戻せません。
新しいパッドの厚さ。
IMG_0309.jpg

古いパッドの厚さ。
IMG_0316.jpg

グリスはこれを使用します。ディクセルはパッドにも確かグリスが付いていたと思います。そちら使ってもOKです。
IMG_0278.jpg

グリスを塗って。
IMG_0288.jpg

古いパッドからシムを外して、再利用。
IMG_0289.jpg

取りつけます。
IMG_0286.jpgIMG_0291.jpg

キャリパーを戻して、完了。

ディスクローターを交換しているので、あたり付けをします。
しばらく走行すると、金属がむき出しになって来ます。
DSC_0049.jpg

ブレーキパッドの交換後、ある程度ブレーキペダルを踏んで、なじませます。ブレーキフルードの量の確認も忘れずに。
最初のひと踏みはブレーキが効きませんので、注意してくださいね。









この記事へのコメント