タント L375S ドライブシャフトブーツのグリス漏れ

タント L375Sの車検の見積もり時に指摘された、ドライブシャフトブーツのグリス漏れを確認してみました。 確かに、グリスがべったり付いています。 どっか破れているのでしょうね。 パクっと裂けている感じではありません。 気が付かないものです。 でも、以前サスペンションを交換した時は、こんなことになっていなかったと思い、交換時の写真を探してみました。 違うモノにピントが合っていますが、ブーツにはグリスは付着していませんね。 交換時は2018年の8月頃なので、それ以降に裂けたことになります。 まぁ、両方同じような感じなので、単なる劣化なのかな?? 7年位で避けるモノなのかな、よくこの部分の交換は聞きますからね。 私も他の車で、何度か交換した記憶はありますからね。 その他の、ゴム類も劣化しているのかな、エンジンマウントのゴムなんて、劣化しそうですね。 でも、結構、古い車を乗って来ていますが、その辺のゴム系を変えたことはありませんね。 まぁ、走行するのに、支障が無ければ気が付かないのかもしれませんね。 ちなみにこのドライブシャフトブーツ交換が有料であれば、自分で交換をしようと思っていたのですが。 ちなみに自分でやれば、ディーラーの部品代1個分で出来そうでした。 割れるタイプなら自分でも出来そうです。 割れないタイプなら更に部品代は安くなりますが、交換がかなり大変です。 ディーラーでさえ割れるタイプを使うので、問題は無いとは思います。

続きを読む