タント L375S ダイハツのリコール 対象??

2019年4月11日にダイハツからリコールが出されました。 なんと191万台対象!! ん!タントはダイハツ車です。。。。。 もしかしたら・・・・・と調べたら、L375Sは対象ではありません。 現行車のLA600Sが対象車でした。 同時に二つのリコールが出ています。(L375Sはどちらも対象外!!) https://www.daihatsu.co.jp/info/recall/ 一つ目は 不具合の内容 カウルルーバーとダッシュパネルの合わせ部の止水処理が不適切なため、雨水等がブレーキブースタに滴下するものがあります。そのため、ブレーキブースタに錆が発生し、そのままの状態で使用を続けると、錆が早期に進行して、最悪の場合、ブレーキブースタに穴があき、ブレーキペダルの操作力が増大し、制動距離が長くなるおそれがあります。 改善の内容 全車両、カウルルーバーとダッシュパネルの合わせ部の止水シールを対策品に交換します。また、ブレーキブースタを点検し、錆が進行しているものについては、ブレーキブースタを新品に交換し、錆が進行していないものについては、ブレーキブースタに防錆処理を施します。 二つ目は 不具合の内容 後輪ブレーキのシューとドラムの隙間を自動で調整する機構(ストラットセット)において、部品組立時のグリス塗布作業が不適切なため、アジャスタボルトのネジ面にグリスが塗布されていないものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ネジ面が錆びて固着し、…

続きを読む