タント L375S VS  スペーシア(MK53S) ⑤

タント L375Sを所有してから、6年目を過ぎ、 来年3回目の車検を迎えます。 そして、走行距離も12万Kmを超えています。 まだ、まだ元気に走ってくれるとは思いますが、 そろそろ、乗り換え時期なのかとも、考えます。 まぁ、何年先かは分かりませんが、予備知識として、 現在、どんな軽自動車があるのか、タント L375Sと、 どんな違いがあるのか、比較してみたいと思います。 今回はスズキのスペーシア(MK53S)との違いを見て行きます。 快適装備について比較したいと思います。 スペーシアに有ってタントに無いモノ ・充電用USBジャック(セットオプション) ・スリムサーキュレーター(Xに標準) ・エコクール ・プッシュボタンスタート ・キーフリーシステム リクエストスイッチ付(運転席/助手席/バックドア) ・パワースライドドア(Xに両側、Gは非装着) ・スライドドアイージークローザー(Xに両側、Gは非装着) ・オートエアコン ・オートライト ・リヤヒーターダクト ・車速連動オートドアロック ・・リアサンシェード(スぺーシアはXに装備) タント、スペーシア両方あるモノ ・電動式パワーステアリング タントL375Sには快適装備と言われるモノが皆無です。 スペーシアはスリムサーキュレーター(Xに標準)なんてモノも付いています。 これは、天井に付いていてリアに風を送るシステム、まさにサーキュレーター。 また、エコクールなんて…

続きを読む