タント L375S VS  スペーシア(MK53S) ④

タント L375Sを所有してから、6年目を過ぎ、 来年3回目の車検を迎えます。 そして、走行距離も12万Kmを超えています。 まだ、まだ元気に走ってくれるとは思いますが、 そろそろ、乗り換え時期なのかとも、考えます。 まぁ、何年先かは分かりませんが、予備知識として、 現在、どんな軽自動車があるのか、タント L375Sと、 どんな違いがあるのか、比較してみたいと思います。 今回はスズキのスペーシア(MK53S)との違いを見て行きます。 今回は安全装備の比較をしてみましょう。 現行のダイハツ系の軽自動車には、SAⅢ(スマートアシストⅢ) がついていますが、L375SのLグレードにそんな装備はありません。 スペーシアにはスズキ セーフティサポート装着車があります。 HYBRID Xには標準でHYBRID Gには非装着車が用意されています。 スズキ セーフティサポート http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/safety/ ・デュアルセンサーブレーキサポート ・後退時ブレ―キサポート ・車線逸脱警報機能 ・先行車発進お知らせ機能 ・ふらつき警報機能 ・ハイビームアシスト ・誤発進抑制機能 ・後方誤発進抑制機能 ・標識認識機能(メーカーオプション) ・全方位モニター用カメラ(メーカーオプション) ・ヘッドアップディスプレイ(メーカーオプション) このスズキセーフティサポートは奥様にはとっても良…

続きを読む