タント L375S ヘッドランプLED交換

随分前からヘッドランプとフォグはHIDへ変更していますが、 今回、ヘッドランプが片方が点かなくなったので、確認を行い、とりあえず急遽アマゾンで LED球を買い、変更しました。 バラストとイグナイターが、バンパーを外さないと確認出来ない位置にあるので、まずバンパーを外します。 左が点かない、右が点くので、HID球をテレコに取り付けます。 点かない左側を右側に、点く右側を左側に。 右側に点けても点灯しない。方や左側は点いたので、バラスト&イグナイターは活きているということ。 HID球がだめになっていました。でも、なんか左右を見ると、形状が違うので・・・・・思い出せませんでしたが。 まぁ、とりあえず、LED球を用意しているので、バラストとイグナイターはそのままにして、LED球を交換します。 LED球です。 LED球をヘッドライトに装着します。 後部がヒートシンク(放熱板)になっているので、ロックの針金が結構入りずらかったです。 後はカプラーと取り付けて、テーピング。 これで完了。 光量はそれ程、低くないので、HIDと比べて問題は無いみたいです。

続きを読む

タント L375S スペアタイヤが付いてます。

私のタントはスペアタイヤが付いています。 前に乗っていたL350S タントXリミテッドには、パンク修理キットが積んであり、スペアタイヤは無かったので、L375Sタントも付いて無いと思っていたのですが・・・・・ グレードが一番低いLだから付いていると思いますが、これってパンク修理キットの方が高いということなんですかね。 スペアタイヤって幾らで納入されているか不思議です。 まぁ、標準装着されているタイヤも信じられない程安い金額で納入されているみたいですからね。 購入数が莫大に多いので、そうなるのでしょうね。 新車装着専用タイヤですしね。あなたの車が新車だったら、型番調べると多分カタログにはないモデルだと思います。 ブリヂストンは新車装着タイヤなんてモノも載っていたりしますよ。 話を戻して、ちなみにこの場所に格納されています。 リアのラゲッジを開けると、 ジャッキ等が入った箱があります。 出て来ました。スペアタイヤ。パンクはしたことはありますが、このスペアタイヤにお世話になったことは無いですね。 うちの奥様はタイヤがパンクしててもお構い無く走る人なので、私が駐車場で気づ来ます。 そんな時はスタッドレスタイヤに一時敵交換しています。 あなたの車はスペアタイヤを積んでいますか?一度確認しておいた方が良いかもしれませんよ。

続きを読む

タント L375S エンジン形式・種類

私のタントL L375Sは2012年式です。 6回位のエンジン改良をしているようで、私のタントは5回目の仕様です。 型式で言うとKF-VE3型です。 スペックは 38kW(52PS)/7200r.p.m 60N・m(6.1kgf・m)/4000r.p.m 非力と言えば、非力ですが、660ccですから、こんなモノでしょう。 軽自動車にも、アトキンソンサイクルエンジンを積むように、なって来ました。(ミライース) さすがに、ハイブリッド車にはならないと思いますが、スズキはマイルドハイブリッド化まで来たので、もしかしたら今後ハイブリッド化になる可能性はありますね。それにはやはりバッテリーの改良も必要ですし、コストダウンがどの程度出来るかにもよります。 トヨタは殆どの車にハイブリッドを用意して来たので、部品が安価な方向に進めば、更にハイブリッドは実現するかもしれません。 (そうは、言ってもダイハツのミライースのコストダウンはトヨタ系の商流を使用しない方法で実現したなんてことも聞きますので、なかなか部品が安く入ることと少し実情は違うのかもしれませんね。)

続きを読む